ガラケーっていつまで使えるの?

ガラケーを3Gのみに対応した端末と限定した場合、あと3〜5年ほどで各社使えなくなる様です。

auの場合、2022年3月末で、3Gの電波を停波するとしていますし、ドコモの場合、早ければ2025年にはFOMAを終了するとしています。ソフトバンクはすでに3Gの周波数帯をどんどん減らしてきていますが、完全廃止についてはまだ発表していない様です。

FOMAはドコモの3Gサービスの名称です。4GはXi(クロッシー)。
ドコモは独自の名前をつけるのが好きですね。
ユーザーには分かりにくいだけですけど。

3Gケータイはもう生産されていない様で、各社4G対応ガラケーにシフトしています。
ガラホって言うやつですね。

通信には4Gを使うので、こちらはまだしばらくは安泰でしょう。

ガラケーに近い見た目と操作性、スマホより安い料金は、スマホへの乗り換えを敬遠している方たちには魅力かもしれません。

しかし逆に考えれば、端末が壊れさえしなければ、auはあと3年、ドコモはあと5年はまだガラケーが使えると言うことですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Sプランは高い?